Samba4 (日本語)


http://wiki.samba.org/index.php/Samba4 の翻訳です。 2012/12/17に翻訳を開始しました。2012/12/21 完了しました。

Samba4

Samba 4の意味するところはなんでしょう。簡単に言えば、Samba 4は(大掛かりだが実現可能な)Sambaコードの書き直しを行います。 Samba 4に既に搭載されている主要な機能としては:

  • “Active Directory”へのログオンとWindows XP,Windows 7およびMac OS Xクライアントをサポートする管理プロトコル
  • グループポリシーの定義のサポート
  • 新しい “フル カバレッジ”なテスト群
  • 共有バックエンドに関する、全てのNTFSの構文の意味(セマンティクス)
  • ADセマンティクスを含む内部LDAPサーバー
  • PACサポートを含む内部Kerberosサーバー
  • 動的更新サポートのための内部DNSサーバー(DLSによる)
  • AD DNSサポートのためのBind9との統合
  • 完全非同期の内部処理
  • 柔軟なプロセスモデル
  • 小規模から大規模までのスケーラビリティの工場
  • 新しいRPCインフラ(PIDL)
  • 柔軟なデータベース設計(LDB)
  • Pythonサポート – Pythonはクライアント、管理ツールなど非常に多く使用されている。
  • generic security subsystem(GENSEC)
  • 50%以上の自動生成コード!

Samba 4のゴールの一つは、Active Directory互換のドメインコントローラの実装である。Andrew BartlettはAD DC開発に関する優れた論文を発表しました。それはSamba 4のその領域における良質の資料となっています。 論文は
news.samba.orgにで公開され、ここ(pdf)で読むことが可能です。

原文 [click to open]

Samba4

What is Samba4 meant to accomplish? In simplest terms, Samba4 is an ambitious, yet achievable, reworking of the Samba code. Major features for Samba4 already include:

  • Support for the ‘Active Directory’ logon and administration protocols that support Windows XP, Windows 7, and Mac OS X clients
  • Support for Group Policy definitions
  • New ‘full coverage’ testsuites
  • Full NTFS semantics for sharing backends
  • An internal LDAP server, with AD semantics
  • An internal Kerberos server, including PAC support
  • An internal DNS server with support for dynamic updating
  • Bind9 integration for AD DNS support (with DLS)
  • Fully asynchronous internals
  • Flexible process models
  • Better scalability from micro to very large installations
  • New RPC infrastructure (PIDL)
  • A flexible database architecture (LDB)
  • Python support – used extensively for client and management tools
  • Generic security subsystem (GENSEC)
  • Over 50% auto-generated code!

One of the goals of Samba4 is to implement an Active Directory compatible Domain Controller. Andrew Bartlett has written an excellent thesis on issues involved in developing an AD DC. This is also a good resource on Samba4’s development in this area. The thesis was published on

news.samba.org and is available here (in PDF).

現在のステータス

Samba 4 (Version 4.0.0)はSamba ウェブサイトまたはGitリポジトリからダウンロード可能です。
つまりあなたはWindowsマシン(最近のものは大体サポートされているでしょう)をSamba 4 ドメインに参加でき、それはKerberosドメイン認証が適用可能なAD配下であるように動作させることができます。
公式なプレスリリースはSamba ウェブサイトで参照可能です。 Samba4の開発はとても迅速に進められています。9ヶ月毎の新リリースシリーズに向けアップデートの公開は6週毎を予定しています。
直近のソースはGitリポジトリから利用可能です。Webブラウザでソースを閲覧したいのであれば、 Samba4のgitwebページのcurrent v4-0-test (マスタに置き換えられる),current v4-0-stable (4.x.x リリース用のブランチ), 及び master (カレントのSamba開発ブランチ) ブランチを参照してください。
その他の利用可能なブランチをGitクライアントから取得する方法に関しては “samba.org devel page”を見てください。
Samba4は既に配備されている製品との置き換えできるまでになりました。ただしユーザーには作業環境に実際に配備する前にテスト環境で試してみることを奨励します。
Andrew Bartlett, Jelmer Vernooijと一部の他の開発者は短期の計画と実績のリストを管理しています。

原文 [click to open]

Current Status

Samba 4 (Version 4.0.0) is available for download via the Samba Website or from the Git repository. In short, you can join a Windows (all recent releases should be supported) machine to a Samba 4 domain, and it will behave much as it does in AD, including Kerberos domain logins where applicable. The official press release can be found on the Samba website. Samba 4 development is moving very rapidly. New updates will arrive every six weeks with new release series coming every nine months. The current source is available via the Git repository. To browse the source via a web browser, see Samba4’s gitweb pages for the current v4-0-test (replaced by master), v4-0-stable (current branch for 4.x.x releases), and master (current Samba development) branches. For more info on available branches, as well how to obtain the sources via a Git client, see the samba.org devel page. Samba 4 is now at a point where it can begin replacing existing production deployments, and users are encouraged to try out Samba 4 in a test environment before implementing it in a work environment. Andrew Bartlett, Jelmer Vernooij and some other developers maintain a list of short-term plans and achievements.

コメントは閉じられています。

return top